成功と失敗を分ける転職のノウハウを知っておこう

転職の成否を分けるものを個人の能力やキャリア、あるいは単純に運の良し悪しだと考えているのであれば成功する転職であっても失敗してしまいます。転職を成功させ着実にキャリアアップを重ねていく人には確かなノウハウが存在しています。転職活動を始めるのであれば、まずはそれを正しく理解してからでなければいけません。

 

転職先を決める前に退職してしまうのは失敗の元、成功者は働きながら転職先を探す

 

転職を決意した際に、自分を追い込み心機一転を図ろうといきなり勤め先に退職届を出してしまうのは絶対にやってはいけない失敗の元です。無職の状態になってからの方が転職活動の時間を作りやすいと考えてしまいがちですが、転職とはそんな簡単に進むものではありません。

 

再就職先がなかなか決まらなければ経済的にも困窮していきますし、何よりも心に余裕がなくなっていきます。面接で明らかに食うに困っている様子を見せてしまえば足下を見られてしまうのは避けられません。また当然ですが転職活動をするにも交通費や衣料費などお金がかかり、状況は日に日に悪化していくことになります。会社側からクビになった場合は失業給付金を得ることができますが自主退職した場合はそれもありません。また社会保険が切れて国民年金と国民健康保険に切り替わってしまうと想像以上の負担増になってしまいます。数ヶ月以上に渡って再就職が決まらないと、もはや前の会社よりも好条件でなどとは言っていられなくなり結果的に転職前よりも悪い状態に陥ることも考えられます。

 

たとえどんなに現状の会社に不満があったとしても、転職先を見つけるまでは給料をもらい続けるのが賢明です。働きながらでも求人を探すことはできますし、会社を辞めて何ヶ月も経っている人間よりも即戦力として計算のできる人間の方が面接をする側も本気になってくれることが多いでしょう。面接時間も配慮してもらえます。

 

退職理由を明確に、成功者は退職理由から新たな場所を見つける

 

転職先を探す際に一番の基準になるのは、自分がどうして前の会社を辞めたくなったのかです。ただ何となくではなく具体的にどこがどの程度我慢ならなかったのか、自分自身の職場に対する感覚をきちんと把握しておくことが重要になります。

 

ここを正確に認識しておかないと、転職する際に何となく居心地が良さそう、前の職場と似ていて働きやすそうといった理由で再就職をしてしまい前の職場とまったく同じ不平不満を募らせる結果になることがあります。給料や環境だけに目を奪われて、自分が不満を感じやすいポイントを見逃してはいけません。また逆に、とにかく新しいことに挑戦したいと無闇に前の職場とは雰囲気の違う場所を選んでしまうのも失敗の原因となります。

 

絶対にこれだけは譲れないという条件を設定して、それを守る

 

仕事をするにはどうしても妥協がつきまといます。まったく何一つ妥協せずに働くことはできませんし、転職活動においても完璧な理想の職場を探し当てるのは不可能でしょう。しかし、だからといって全ての条件に何となく妥協してしまっては転職する意味はありません。

 

転職の際にはまず絶対にこれだけは譲れない、これを叶えるために転職するのだというくらいの条件を設定しましょう。様々な転職先を検討すると次から次へと目新しいものが出てきて心が揺れ動いてしまいます。そんな状況でもとにかくこの一点だけは譲れないという芯になる判断基準を持つことは大切です。間違っても、最低でもこのくらいの条件を満たしていればいいといった最低条件を基準にしたネガティブな転職活動をしてはいけません。

 

この条件は諦めてもいいという、第二希望も決めておく

 

絶対に譲れない条件を決めたならば、同時にこれはできたら叶えたいが場合によっては諦めてもいいという、第二希望のような条件も選別しておきましょう。これは捨ててもいいと最初から意識しているオマケのような条件があれば、より好条件の環境を選びやすくなります。

 

たとえ本命の会社があっても、応募は複数社しておく

 

これは転職に限った話ではありませんが、企業面接を受ける際には必ず複数社に応募しておきましょう。たとえ本命が決まっているとしてもそこだけに集中してしまうのは禁物です。

 

これは単純に、どんなに頑張ったとしても確率論として本命企業に再就職が叶うとは言い切れないからです。特に新卒ではなく転職の場合は枠も限られていますから、能力に問題がなかったとしても書類選考の段階で一定数は確実に落とされます。一般に書類選考で25%が落とされ次の一次面接でまた25%が落とされるとされており、最終面接に辿り着くだけでも完全に五分五分になってしまうと考えておきましょう。また面接を重ねることで、転職活動に慣れていくことも重要でしょう。

 

面接以外でも気を抜かない、そこが新たな職場になると意識しよう

 

たとえ面接中どんなに気を配っていたとしても、面接会場となる職場で態度悪く振る舞っていたら確実にその悪評は面接官にも届きます。転職活動においては、常に訪れたその場所が新たな自分の居場所になるかも知れないと注意して行動する必要があります。よほどの大企業であっても転職者というのはそれなりに目立ちます。中小企業であれば面接を受けにきただけでも注目の的でしょう。歩き方や受付での対応など、全てが審査されているというくらいに気を引き締めて挑みましょう。

 

求人情報はあらゆる手段を使ってチェックすること

 

当たり前の話ですが、より多くの求人情報を持っている方がより多くの転職機会を得られることになります。ですから求人情報の取得は転職活動においては生命線であると言っても過言ではありません。

 

求人情報をハローワークだけに頼るのは論外ですが、様々な求人サイトや転職サイトをチェックするだけでもまだ情報が足りているとは言えません。というのもインターネット上に一般公開される求人情報はほんの一部でしかないからです。企業のなかには求人広告を一切使わないままに採用を行っているところも珍しくありませんし、競合他社の多い企業であれば情報漏えいを警戒して極秘で求人を行うのは常識です。また公式に求人情報が広まるより前の段階で、早期に申し込みをしてきた人を優先的に審査する企業もあります。

 

このような求人は非公開求人と呼ばれていますが、通常はインターネットに上がらないはずのこの非公開求人も一部の転職サイトには情報が集められており、より多くの求人情報を知ることができます。

 

有人コンサルタントのいる転職サイトの賢い使い方を知っておく

 

非公開求人を転職サイトで知ることができる秘密は、仲介に有人のコンサルタントが使われているからです。転職希望者はあらかじめ条件を転職サイトを通じてコンサルタントに伝えておきます。するとコンサルタントはその条件に見合った非公開求人を見つけてきてくれるというわけです。コンサルタントは他にも面接のアドバイスや履歴書の書き方なども指南してくれますし、企業側と交渉して面接の日程を調整してくれるといったサービスまであります。これだけ便利なコンサルタントですが基本的に利用料は無料です。また働きながら転職活動をすると、どうしても今いる職場から怪しい目で見られる可能性がありますが、転職の準備をコンサルタントに任せることができればそういった心配もなくスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

 

コンサルタントを使える転職サイトは複数ありますが、それぞれに得意な職種が違うので自分の希望するジャンルに強いサイトを選ぶのを忘れないようにしましょう。コンサルタントとのやり取りでは、遠慮せずに自分の希望条件や絶対に避けて欲しいポイントなどを恐れず伝えていきましょう。サイト側も採用する企業側も、変な遠慮で条件を隠されてはデメリットしかないので本音でぶつかることが重要です。

 

そういったやり取りのなかでコンサルタントの対応に不満があったならば、我慢せずにきっぱりと別のサイトあるいは別のコンサルタントに乗り換えてしまって構いません。転職活動は人生をかけた大勝負ですから、それだけ本気の対応をしなければなりません。コンサルタントもそういった相手の事情はよく理解しているので問題もないでしょう。

 

転職を成功させるために必要なもの

 

転職活動を成功させるための秘訣は、一つ一つはごく簡単な心構えの積み重ねです。自分の求めているものを正しく見極め、それが企業や社会のどこにどれだけ存在しているのかをよく探し当てていけば必ず納得のいく転職ができるはずです。諦めずに一歩ずつ着実に転職活動を進めていきましょう。

type転職エージェントのおすすめポイント

特に関東地方に強い、type転職エージェントの評判を紹介

求人数 雇用形態
22,000件 派遣・正社員
運営会社 対応地域
(株)キャリアデザインセンター 関東
得意職種 おススメ度
IT・総合 5つ星

しっかり準備と心構えをしてから転職に挑もう