転職活動を前向きな気持ちで乗り越えるためにはどうしたらいいのか?

このまま仕事が見つからなかったらどうしようって不安になった時に前向きになるために。

 

何社も面接に行っても落ちてばかりで、今後のことを考えると不安になりますよね。
転職したての時は、毎日ネットで転職サイトを検索して積極的にエントリーして頑張っていたのに、あっという間に1ヵ月が過ぎると、精神的に焦ります。
仕事を辞める前は、選り好みしなければ大丈夫と思っていたのに、今となっては、妥協をしても面接に落ちてしまう現状...。

 

面接の帰りに面接を頑張った自分に対するご褒美で、カフェやファストフードで、ランチをしていた自分が甘かったことに気が付いた時には、仕事を辞めてから1ヵ月以上も経っていて、生活費もそろそろ足りなくなってきたといった不安を抱えている方へ参考にして頂きたいヒントをご案内します。

 

仕事がいつまで経っても見つからないと、焦燥感に捕らわれます

早く転職して、新しい職場でバリバリ働きたいと思っているのに、良い仕事に巡り合えないと孤独感や苛立ちを感じます。
こういった感情の原因は、どこからくると思いますか?

 

金銭的な理由

特に一人暮らしをしている人は、毎月の家賃や光熱費、食費などの生活費を払わなければいけないという気持ちがありますから、失業保険や貯金があっても、早く転職しなければいけないという焦燥感に襲われてしまいます。

 

仕事への不満

今の仕事を続けていても昇級があるわけでもなく、寧ろ毎年給与が下がっている状況では、遅かれ早かれクビになるか会社が倒産するかで、無職になるだろうという不安や不満があるのではないでしょうか。
仕事に慣れてしまってこのまま続けてもいいかなという怠惰な自分に対しても、怒りを感じていませんか。

 

年齢的に転職できるのか

不況だから仕事がないのか、年齢的に無理だから面接で何社も落ちてしまうのか自分に自信を無くしてしまうことが多々あるかと思います。自分で選んだことなので、他人に愚痴を言うこともできずに一人で落ち込んでしまうこともあるでしょう。

 

どうやったら転職活動での苛立ちを消し去ることができるのか?

仕事は簡単に見つかるものではありません。
一人で、困難に立ち向かって這い上がることができると、人間的に成長して強くなれるのです。
始めのうちは、前よりもいい会社に入りたいと、選り好みをしていたかもしれません。しかし、だんだんそうは言っていられない状況に追い込まれて、自分に向いていないであろう会社の面接に受かって、入社してみてやっぱり無理だと思ってしまうかもしれません。
金銭的な理由で早く仕事を見つける必要がある場合は、アルバイトでもいいから仕事をする必要があります。ですが、実家住まいで転職活動をしている人は、親がうるさいからなどの理由で、適当に転職するのは間違っています。

 

自分以外の人の転職活動を理解する

週に2回も面接に行って疲れた!と、思っている人と1日に2社面接に受けたと言っている人とでは、全く状況が異なります。しかし、誰もが自分は頑張っていると容認して欲しいという欲求があり、どうしても自分を甘やかしてしまうものなのです。

 

転職の際の面接社数は、年齢が高くなればなるほどエントリー数が多くなります。大抵の人は、10社面接に落ちると焦りを感じ始めると言われていますが、40代の場合は、平均で20社以上転職時にエントリーをしています。エントリーして落ちてばかりでは、精神的に前向きなれないかもしれませんが、多くの人が同じ悩みを抱えて転職活動をしているのです。

 

無職の期間をゼロにする

次の仕事が決まっていないのに、いきなり仕事を辞めるのは生活をしていくうえで不安が付きまとうものです。しかし、仕事をしながら転職活動をするであれば、焦らずに済みます。

 

いくら今の仕事が嫌でも、転職活動をしながらであれば、もう少しの辛抱で転職できるという、目先の目標があるので、仕事もあまり苦にならないでしょう。それに、今の新卒者の過酷な就職活動から比べたら、安心感が違います。

 

反省してみる

これまでの転職活動で、どうして受からなかったのかを振り返ってみることも大切です。落ちてしまったものは仕方がないと、前向きに次の転職先のことを考えることも大切ですが、もしかすると希望する給与や就業時間帯などをもう少し妥協することで、転職先が見つかりやすくなるかもしれません。また、今までの経歴を活かした仕事に固執してしまって、他の転職先を視野に入れていなかったことが原因かもしれません。

 

どうしたらいいのか?

転職活動は、諦めずにどんどんエントリーすることが大切です。もう、歳だからと諦めたりせずに、積極的に活動することです。何度も転職サイトの担当者に連絡をすると、嫌がられるかもと、気を使っているようではいけません。

 

何故落ちたのか?

落ちてしまった原因を考えるのは、嫌なものですが、もしかすると面接の際の声のトーンや表情などに問題があったかもしれません。また、保険で受けておこうという気持ちが面接官に伝わっていたかましれません。面接を受ける前もそうですが、受けた後に、考えることで、次の面接に少しでもプラスに作用する攻略法を見つけることができるはずです。

 

第三者のアドバイスを受ける

面接官が、落ちた理由を丁寧に言う訳ではありませんから、何故自分が落ちてしまったのか分からないまま、次々と面接を受けることになります。人間は、どうしても自分を擁護してしまうところがあります。人の意見を聞くのは、とても耳が痛いことですが、面接時の声の大きさや表情など、問題点がないか第三者に見てもらって、はっきりと指摘してもらうのは面接スキルを向上させるプラス材料となります。普段から、手鏡などで表情をチェックして、口角を上げるようにするなど気を付けることは沢山あります。

 

仕事を選ぶ基準を見直す

 

仕事を選ぶ時に、基準としているものはなんですか?
給与、雇用形態、勤務時間など色々ありますが、希望が多すぎると、エントリーできる仕事の幅を狭めてしまいます。また、通勤時間を1時間以内と限定したり、自分のスキルを活かせる仕事以外はエントリーしたくないと仕事を限定して探していませんか。
スキルを活かしたい、生活水準を落としたくないという気持ちがあるかもしれませんが、少し妥協することでエントリーできる仕事が増えてくるかもしれません。

もっと真摯に面接を受ける

こんなに頑張っているのに、仕事が決まらないのは不況だからだと、世の中のせいにしていませんか。確かに、転職を希望されている多くの方は真面目な気持ちで転職活動を行っています。しかし、最近の新卒者は就職セミナーなどにお金を払って、面接時の応対練習をしたり、髪型やスーツの選び方に至るまで事前に細かく攻略しています。
今更、面接の練習なんてやりたくないと思っている以上は、面接で負けてしまうということです。
耳の痛い話かもしれませんが、もっと真摯な気持ちで転職活動をしてみて下さい。

 

転職サイトの登録数を多くする

転職サイトによっては、医療関係の仕事に強かったり、IT関係の仕事に強かったりと、サイトによって強みがあります。また、サイトに掲載していない求人を紹介してもらえるチャンスもありますので、複数の転職サイトに登録することでエントリーチャンスが増えるということになります。転職サイトに登録することで、自分から仕事を探さなくても、転職サイトの方からメールや電話で仕事を紹介してくれることもあります。
登録した転職サイトの担当者がとても良い人で、お世話になっているからと、言っている場合ではありません。自分の人生がかかっていることなのですから、他人の目など気にせずに貪欲に転職サイトに登録してみましょう。
転職サイトの登録数が1社だけだと、次から次へと切れ目なくエントリーすることがでません。空き時間を増やさないで、転職活動に専念するためにも、複数の転職サイトに登録することをお勧めします。

 

結論

次の仕事が見つからないという気苦労は、転職活動をしている人なら誰もが抱えている普通のことです。

 

背伸びをせずに、自分にできる仕事は何でもやろうという気持ちが大切です。多くの人が、自分より若い上司と仕事をすることに対して不満を感じますが、逆に上司の方でも自分より部下が年上であることに難しさを感じていることを忘れないで下さい。

 

また、分からないことはなんでも質問してどんどん新しい知識を身に付ける心構えを持ちましょう。長期間、仕事がないと悪い方にばかり考えてしまうのもですが、乗り越えられる機会を与えられたと受け止めて、諦めずに転職活動に取り組んでいきましょう。

type転職エージェントのおすすめポイント

特に関東地方に強い、type転職エージェントの評判を紹介

求人数 雇用形態
22,000件 派遣・正社員
運営会社 対応地域
(株)キャリアデザインセンター 関東
得意職種 おススメ度
IT・総合 5つ星

転職活動に対する焦りや不安